QSRBrands (M) Holdings Bhdとのパートナー契約締結について

マレーシア現地法人TAKEXCO MALASIA SDN. BHD.(マレーシア クアラルンプール)は2018年10月29日、マレーシアの食品事業におけるハラルのパイオニアであるQSR Brands (M) Holdings Bhdとの提携ついて、QSR Brandsのマーケティング及び流通を担うQSR Trading Sdn Bhdを通して覚書を締結いたしました。2019年1月より、QSR Tradingが両社共同ブランドである世界初のフードグレードのハラル衛生剤「タケックスクリーンQSR (Takex Clean QSR)」及び「タケックスクリーン エクストラQSR (Takex Clean Extra QSR)」のディストリビューターとして、マレーシア国内での販売展開を進めてまいります。

QSR Brands社は、ジョホール州の公社 Johor Corporation の傘下にあり、ファストフードチェーンの「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」や「ピザハット」を運営し、マレーシアを含む4ヶ国で1,200店舗以上を構えています。また、養鶏事業も手掛け、店舗で使用する食材は全て内製化。マレーシアで数少ない完全統合型の食品事業者です。

QSR Brands及びその傘下企業の取締役社長であるDatuk Azahariは、弊社が開発した世界初のフードグレードのハラル衛生剤に対して理解を示され、更に弊社をハラル産業における衛生管理のソリューションプロバイダーと高く評価してこられました。ハラル業界を代表するプレーヤーとなるべく、マレーシアと日本の協力体制の強化を望まれ、弊社と共同ブランドを開発することで合意し、今回の覚書締結に至りました。

調印式には、QSRが所属する州の公社であるJohor Cororationからも、社長であるDato Kamaruzzamanが参加され、その期待の高さがうかがえました。
弊社からは、代表取締役社長の岡田久幸がタケックス及びTakexco Malaysiaを代表して謝辞を述べさせていただき、専務取締役である岡田猛が覚書に署名させていただきました。

QSR Brandsは今後、グループが所有するネットワークでの販売展開や、マレーシア中の大型スーパーマーケットへの展開を目指します。また、同社が持つマレーシアブランドのレストランにおける衛生剤及び今後販売開始予定のその他製品を採用することがDatuk Azahariから伝えられました。

弊社岡田からは、今後展開予定の日持ち向上剤について共有。この日持ち向上剤を活用することにより、ユーザー企業における製品の廃棄率が削減され、利益率が改善することが期待できます。これらについては、JAKIMのハラル認証に向けた準備を進めており、販売開始への体制が整い次第こちらもQSR Brands社と連携していくことが確認できました。また、製品の開発だけでなく、QSR Brands社との提携の中で食の安全についても提案してまいります。

マレーシアの食品業界を牽引するQSR Brands社との提携は、大変光栄であると共に、ハラル業界を益々盛り上げる糸口となると確信しております。また、マレーシアの経済や国の発展について、更なる発展のためにはどんな提案も歓迎するという思いを表明されたDatuk Azahari。事業提携という形で、弊社もマレーシアの更なる発展の一助となるべく、努めてまいります。

今後の躍進に、どうぞご期待ください!